2017年12月06日

ヘルニアの治療法にある温熱療法

ヘルニアの治療法をするにも、いろいろな治療方法があり、患者さんに合ったものを選ぶ必要があるみたいです。
まずは、ホットパックによってヘルニアの治療法を行う温熱療法というのがあります。
わたしは医学については素人なので、ヘルニアの治療法で温湿布というのも発想が貧困というような気もしますが。
ヘルニアの治療法の温熱療法ですが、素人ではよくわからないので、インターネットで調べてみることにしました。
わたしが知りたいのはヘルニアの治療法の方の温熱療法ですので、絞ってみました。
温熱療法について調べていると、ヘルニアの治療法とともにがんの治療もヒットします。
温熱療法はハイパーサーミアともいい、ヘルニアの治療法だけでなく、がんの治療にも使われているようです。
調べたところ、ヘルニアの治療法の中には、保存療法という種類のものがあるという話です。
そもそも、ヘルニアというのはヘルニアの治療法をしなくても、安静にしていれば治るということも多いようです。
みなさんもけがをしたとき、湿布を張るのにも、例湿布がいいのか温湿布がいいのか迷った経験はありませんか。

ヘルニアの治療法の温熱療法ですが、調べたところ、主に三つの方法があるようです。
最後に、マイクロウェーブという超音波によってヘルニアの治療法する方法もあります。
ホットパックは、綿などを詰め込んで摂氏80度くらいの温度に温めたものです。
ほかにも、赤外線を当てることでヘルニアの治療法をするという方法もあります。
温熱療法というからには、温湿布でヘルニアの治療法でもするようなイメージでしょうか。
たとえば、温熱療法とか、低周波治療とか、ヘルニアの治療法にはそういうものがあります。
そして、そのヘルニアの治療法の中の保存療法の中の一つが、温熱療法だということです。
posted by トリトン at 00:38| Comment(0) | 痛くない安全なヘルニアの治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。